トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

木製ガンダムの作り方


製作に必要な工具の説明から木製ガンダムのつくり方までを説明しています。こちらからどうぞ!

木製グリモアの作り方


木製グリモアの製作記事はこちらからどうぞ!

木製ジェスタキャノンの作り方


製作記事はこちらから!

木製ケンプファーの作り方


製作記事はこちらから!

木製スコープドッグ製作記


木製ボトムズ スコープドッグの記事はこちらからどうぞ!

木製シャアザク製作記


木製シャアザクの記事はこちらからどうぞ!

PR


【リアル宝探し タカラッシュ!】幻の蒸気船 カラクリ丸に行ってみた


2017年1月7日、佐賀県三重津海軍所跡で開催されている“リアル宝探し 幻の蒸気船カラクリ丸”に行ってきました。


三重津海軍所跡は佐賀藩があった時代、船の修理や操船技術を学ぶための場所。

平成27年には「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界文化遺産に登録されました。

以前、ネット上で三重津海軍所跡に関する観光情報を調べると、海軍所跡地は現在、更地みたいな感じになっており、特に出かけてみる気持ちにはなりませんでした。

しかし最近はVRスコープの導入や、12月からはリアル宝探しも行われているとのことで今回出かけてみことにしました。


ちなみにリアル宝探しといえば、去年の夏休みに長女と行った“長崎バイオパーク ヨジマルアナと宝探し”

こちらは参加料を払ったにも関わらず、とても残念な思いをしました。

今回はそのリベンジにもなります。



長女を引き連れ、三重津海軍所跡前の佐野常民記念館へやってきました。

a6DSC_0746.jpg
 


2階の総合案内所で「試練の書」を手渡されました。


  さあ、謎解き開始!


佐野常民記念館の1階から3階を何度も上り下りして展示物の中に隠された“3つの合言葉”を探します。

長女のヒラメキに加え、記念館のスタッフの方々からのヒントをもとになんとか答えを導きだすことができました。

a1DSC_0730.jpg 


「試練書」に答えを書き込み再び総合案内所へ。

“3つの合言葉”に正解し、新たな宝の地図を手に入れました。

最終的には“秘密の設計図”を手に入れてミッション終了です。


こちらの謎解きはさらに難易度が上がっており、とても難しい!

a2DSC_0733.jpg 


謎解きを進めていくなかで、佐野常民記念館から三重津海軍所跡に出ることになりました。

VRスコープを受付で借りて外へ出ました。

周回コースの各ポイントでVRスコープを覗き込むと、三重津海軍所をイメージした360度画像と共に音声ガイドが楽しめました。

a3DSC_0736.jpg 


謎解きのヒントとなる画像もあるみたいですが...

長女と一緒にがんばったのですが、答えが出ないままスタート地点へ戻ってきました。

スタッフの方に再度周って良いか確認すると、VRスコープの機能上、コースは一度しか回れないとのこと。

代わりにヒントを教えていただきました。


その後、次の答えを求めて佐野常民記念館の周囲を探索したりしてヒントを集め、なんとか“秘密の設計図”を見つけることができました。

a5DSC_0741.jpg 


謎解きを始めてから2時間近くかかったと思います。

総合案内所で答えと引き換えにタカラッシュのトレカと賞品が当たる応募用紙をいただきました。

a4DSC_0743.jpg 
.
a7DSC_0745.jpg 


ロビーで応募用紙を書き込んで、ミッション終了!


とにかく謎解きに必死で、三重津海軍所跡の展示物をじっくり見ることはできなかったのですが、とても面白かったです!

そして今回は参加費用も不要なのに内容も充実しており大満足!


このあと“リアル宝探し 幻の蒸気船カラクリ丸”は2月末までの開催となっているようですので、子供さんと一緒にどうですか?


おわり
スポンサーサイト

【フォトコンテスト】 第24回たびら昆虫自然園写真コンクールの結果は?

写真 フォトコン フォトコンテスト たびら昆虫自然園 たびら 田平 昆虫 2016


今年はトンボの写真撮影にも初挑戦しました。

ただし昆虫撮影に適しているマクロレンズは持っていません。

ニッコールの標準望遠レンズで挑みました。


最初に向かった場所は市内、世知原の田園地帯でした。

初めてだったにもかかわらず、何種類ものトンボに出会えて、一発でトンボ撮影にはまってしまいました。


三川内の山奥では珍しい形の足を持つグンバイトンボを見つけました。

6DSC_53402-1.jpg 


佐賀県、樫原(かしばる)湿地で見たハッチョウトンボは日本一小さいトンボで、佐賀県内では絶滅危惧Ⅱ種に指定されている貴重なトンボでした。

5DSC_6911-1.jpg 


主にこのようなトンボの写真をたびら昆虫自然園写真コンクールに応募していました。

結果はなんと奨励賞をいただくことができました。

2DSC_0160.jpg 
.
4DSC_4911-3-6G.jpg 


今回応募されている作品を見ると、どの作品も画質、撮影テクニックともに非常に素晴らしく、私の写真とは比較にならないものばかりでした。

1DSC_0159.jpg 
.
3DSC_0162.jpg 


こんな中で賞をいただけて、本当にラッキーでした。

来年は撮影テクニックの向上と、できればマクロレンズを手に入れて昆虫撮影に挑みたいと思っています。


おわり

【フォトコンテスト】YOSAKOIさせぼ祭り2016フォトコンテストの結果は?

写真 フォトコン フォトコンテスト よさこい 佐世保 祭り YOSAKOI させぼ 2016 長崎 演舞


2016年10月末に開催された「第19回YOSAKOIさせぼ祭り」のフォトコンテストに応募していたのですが、何とこのたび入賞することができました!

今回で3度目のチャレンジでした。

0DSC_8980-1-4GW.jpg 


まぐれなのかもしれませんが、いや~~、うれしいです!


そして今月12月より市内の四ヶ町アーケード内に全応募作品が貼りだされるということで、早速チェックしてきました。

作品は毎年、佐世保名物である“日本一長いアーケード”の長~~い区間を有効に使って展示されます。

パネルがズラ~~っと並んでいました。

0DVC00236.jpg 


そして入賞作品が貼られたパネルを見つけました。

0DVC00232.jpg 


こうやって自分の作品を目の前にすると、こんな経験もそうないんでほんと感動です!

来年も入賞目指してがんばろう!


おわり

【2016秋ショアジギング in 佐世保】釣れない釣りで大苦戦!



いや~~、今年は釣れまっせ~~ん!


9月ごろからぼちぼち佐世保の磯にでかけてるんですがホント釣れない。

10月に根魚(アコウとハタ)がちょっとだけ釣れた以外は、エソ、エソ、そしてエソ...

DVC00229-1.jpg 
.
DVC00230-1.jpg 


去年の今頃は湾内にサゴシが入り、沖でナブラやボイルを何度も見たんですが、今年はほぼ見てません!

春イカも少なかったし、今年は不漁の年なんですかね...


それで先週、やっとこさ釣れました。

朝8時ごろ、いつもの磯で久しぶりのアタリ。

フッコサイズのシーバスでしたが、よくひきました。

DVC00227-1.jpg 


さらにその直後に60cmアップをもう1匹追加!

DVC00226-1.jpg 


スリムなボディーでしたがうれしいですね~~


これから年末、年始にかけて調子が上がっていけばいいですが...

【佐賀、長崎のお祭り】 唐津くんちに行ってみた

佐賀 祭り くんち 唐津 唐津くんち 曳山 やま 曳子 ユネスコ


11月2日から4日の3日間、佐賀県唐津神社の秋の大祭、唐津くんちが開催されました。

a3DSC_9319.jpg 


唐津くんちは笛、太鼓、鉦のお囃子にあわせ、曳子(ひきこ)たちの「エンヤ、エンヤ」の掛け声と共に計14台の曳山(やま)が唐津市内の旧城下町を練り歩きます。


11月2日の宵曳山(よいやま)は午後7時30分の火矢を合図にたくさんの提灯で飾られた曳山が町内を巡回します。

11月3日の御旅所神幸(おたびしょしんこう)は祭りのクライマックスである曳き込み、曳き出しが行われます。

最終日の11月4日の町廻り、曳山は午前10時30分スタートから夕方まで町内を練り歩き、最後に曳山展示場におさめられます。


2年前、家族全員で初めて唐津くんちの宵曳山を観に行きました。

大勢の観客に埋め尽くされた夜の街中に、勢いよく曳きこまれてくる巨大な曳山に圧倒されました。

今年は最終日の町廻りを見に行くことにしました。


正午過ぎ、全ての曳山がJR唐津駅前に並べられていました。

各曳山の前では多くの観光客が記念写真を撮っていました。

午後からは駅前通りを出発し、市内西廻りのコースを巡行し、最後に曳山展示場へ向かいます。

今回の目的の一つは写真を撮ること。

さて、どこから撮るのがいいのか...

出発地点である駅前から巡回コースに沿って歩いてみました。

巡回コースの沿道にはすでに多くの観光客が陣取っていました。

最終的に唐津市役所前の大通りを正面にカメラを構えることにしました。


14時55分、最初の曳山が見えてきました。

a1DSC_9298.jpg 

曳子たちに先導されて一番曳山赤獅子がやってきました。

a2DSC_9306.jpg 


最終日だからなのか、この3日間を走り続けた子供達の表情がちょっと寂しそうに見えました。

でも大きな声を上げて赤獅子を曳いていました。


続いて青獅子、亀と浦島太郎がやってきました。

a4DSC_9331.jpg 
.
a5DSC_9352-1-4GW.jpg 


さらに次々と曳山が通っていきます。

a9DSC_9428.jpg 
.
a8DSC_9401-1-4GW.jpg 
.
a6DSC_9378.jpg 
.
a12DSC_9492.jpg 
.
a11DSC_9490-1-4GW.jpg 


最後は十四番曳山七宝丸でした。

a16DSC_9519.jpg 


このあと全ての曳山は曳山展示場へ向かいました。


帰り道、駅前通りを歩いているとあちこちの民家の窓から宴会の音が聞こえてきました。

この時期、この町のおなじみの光景なんでしょう。

日が明るいうちからの宴会なんて、なんだか羨ましい!


ちなみに唐津くんちの曳山はユネスコの無形文化遺産への登録が提案されています。

はやく正式に遺産登録されるといいですね。


おわり

【ふるさと納税2016】陸前高田の米崎りんごがとても美味い!

陸前高田 米崎りんご ふるさと納税 2016 マイナンバー 申告 ワンストップ 特例 手続き ふるさとチョイス


昨年初めてふるさと納税を始め、我が家ではすでにマストとなった一大イベント。

昨年は佐賀県伊万里市の和牛焼肉、群馬県太田市の生乳しぼりたてアイスクリームなどなど、大満足の品ばかりでした。

2016年度、一発目のふるさと納税は岩手県陸前高田米崎りんごを選んみました。

5千円寄付で品種おまかせの4キロ箱入りの家庭用米崎りんごが届くというもので、今回のが美味しければ時期を少しずらして別品種もありです。


ふるさとチョイスから陸前高田へ寄付をして3週間後、お礼品が届きました。

箱を開けるとまっさきに林檎の香りが...

a1DSC_9149.jpg 


箱の中には大玉の林檎が12個も入っていました。

a2DSC_9154.jpg 


家族全員でさっそく試食。


 酸味と甘みのバランスが最高!

 米崎りんごは味が濃くてとても美味しい!

 林檎に感動~~!


普段なにげに食べているスーパーの林檎は、ここまで味わって食べていないから感動が無いのか?


ちなみに今年のワンストップ特例の手続きは昨年と違い、マイナンバーに関する書類を添付する必要があるようですが、陸前高田から送られてくる申告用紙はりんご発送から数週間後みたいです。

林檎を食べつくしたら、すぐに次の寄付ですね!


つづく

【佐賀、長崎のお祭り】よさこい佐世保祭り 2016に行ってみた

よさこい 佐世保 祭り YOSAKOI させぼ 2016 長崎 演舞


10月21日から23日の3日間、第19回YOSAKOIさせぼ祭りが開催されました。

今年の参加チーム数は171チーム、昨年の180チームよりちょっと少なくなりましたがそれでも西日本最大級です!

会場は名切お祭り広場会場をメインに市内13箇所で各チームの熱い演舞が繰り広げられました。

ただ今年はあいにくの天気で初日から小雨交じりのスタートでした。

初日の前夜祭も雨のため、メインステージ前に設けられている椅子席に座る観客はまばらで、その周りに傘をさしての立ち見しているお客さんがほとんどでした。


2日目、駅前会場へ向かいました。

この日も時折小雨の降る中、踊り子の皆さんは元気いっぱい、笑顔いっぱいで観客を楽しませていました。

a3DSC_8602-3-4GW.jpg 
.
a1DSC_8591-2-4GW.jpg 
.
a4DSC_8606-1-4G.jpg 


アーケード会場では大きな掛け声が響き渡り、すごい熱気に包まれていました。

a5DSC_8646-2-4G.jpg
 


3日目、朝は少し肌寒く、小雨も降っていたのですが、午後からはやっと日差しが出てきました。

午後からアルカス会場へ。

やはり大人数チームの演舞は大迫力!

踊りの構成も細かくて最初から最後まで目が離せません。


笑顔!
a6DSC_8767-1-4GW.jpg 


笑顔!!
a7DSC_8769-1-4GW.jpg 


笑顔!!!
a8DSC_9026-1-4GW.jpg 


そして魂の叫び!
a9DSC_8819-1-4GW.jpg 


今年の最高賞は地元佐世保市役所の職員さんチーム“かっちぇる隊”でした。

賞をとったチーム、おめでとうございます!

そうでなかったチームも元気いっぱいの演舞、お疲れ様でした!

また来年、佐世保で会いましょう!


おわり

【佐賀、長崎のお祭り】 武雄の荒踊と面浮立に行ってみた

正一位神社 荒踊 あらおどり 佐賀 武雄 国重要無形民族文化財 基船神社 袴野面浮立 高瀬の荒踊 宇土手の荒踊 中野の荒踊 民俗芸能



荒踊(あらおどり)は佐賀県武雄に伝承される民俗芸能で、高瀬の荒踊宇土手の荒踊中野の荒踊の3団体が国重要無形民族文化財に指定されています。

由来は今から470年前の戦で戦勝を祝した足軽達が即興的に踊ったことが始まりだと言い伝えられているそうです。

2016年9月22日、秋分の日にそれぞれの神社で舞いが奉納されました。

今回、午後から正一位神社で奉納される宇土手の荒踊に行ってきました。


正一位神社は西九州自動車、武雄南インターの南側数百mに位置します。

車は神社前の農道に停めることができました。

a1DSC_7821.jpg 


踊り手は地元の子供たちのようです。

a2DSC_7824.jpg 


最初は女子児童による綾踊り。

舞を踊る女子児童がそれぞれ紹介された後、綾踊りが始まりました。

a3DSC_7826.jpg 


そして荒踊。

モッショ、カキと呼ばれる踊り手たちが笛、鉦、太鼓と謡い手の唄に合わせて力強く、ときには軽快に踊ります。

a7DSC_7881.jpg 
.
a8DSC_7915.jpg 
.
a5DSC_7843.jpg 


モッショの胴衣には鳳凰や龍が描かれており、独特の雰囲気がありました。

子供達はこの日のために一生懸命練習してきたのでしょう。

その堂々とした舞いがすべてを物語っていました。


15時からはここからすぐ近くの基船神社で袴野面浮立(はかまのめんぶりゅう)が奉納されます。

基船神社へ向かいました。

b7DSC_8026.jpg 


車は神社横のコンビニの駐車場へ停めさせてもらいました。

こちらも踊り手は子供達でした。

b2DSC_7929.jpg 


赤鬼と青鬼のお面をつけた二人が踊りのメインなのでしょうか。

b1DSC_7928.jpg 
.
b3DSC_7954.jpg 
.
b6DSC_8024.jpg 
.
b4DSC_7967.jpg 
.
b8DSC_8078.jpg 


踊り手は子供達でしたが、2週間ほど前に見てきた鹿島の面浮立に負けないくらい迫力ある舞いでした。


おわり

Translation

木製FWグリモア製作中!


現在木製FW GUNDAM CONVERGE グリモアを製作中です。
製作工程はこちらからどうぞ!

木製べアブリックの作り方


この木製ベアブリックの製作時間は約20時間です。
使用する工具は主にカッターナイフとリューター。
彫刻刃は刃を研ぐのが難しいため使用しません。
簡単にできる木製ベアブリックの作り方はこちらからどうぞ!

まれ人形の作り方


まれ人形の製作記事はこちらからどうぞ!

カテゴリ

ブログ内検索

最近の記事

RSSリンクの表示

LINK

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

木彫り製作に関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: