トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

木製ガンダムの作り方


製作に必要な工具の説明から木製ガンダムのつくり方までを説明しています。こちらからどうぞ!

木製グリモアの作り方


木製グリモアの製作記事はこちらからどうぞ!

木製ジェスタキャノンの作り方


製作記事はこちらから!

木製ケンプファーの作り方


製作記事はこちらから!

木製スコープドッグ製作記


木製ボトムズ スコープドッグの記事はこちらからどうぞ!

木製シャアザク製作記


木製シャアザクの記事はこちらからどうぞ!

PR


【佐賀、長崎のお祭り】 かしま伝統芸能フェスティバルに行ってみた

音成 母ヶ浦 面浮立 佐賀 鹿島 かしま伝統芸能フェスティバル 浮立 秋祭り 祭り 伝統芸能 獅子舞 めんぶりゅう 祐徳稲荷神社 祐徳稲荷 祐徳神社 民俗芸能 七浦 重要文化財


2016年9月11日(日曜日)、佐賀県鹿島市で開催された「七浦秋祭り」「かしま伝統芸能フェスティバル」に行ってきました。

午前中は「七浦秋祭り」飯田面浮立母ヶ浦面浮立を満喫しました。

午後は祐徳稲荷神社へ移動し、かしま伝統芸能フェスティバルを観覧することにしました。


11時半に祐徳稲荷神社前の駐車場へ。

祭りは12時半開始の為か、駐車場はまだ混雑しておらず、スムーズに駐車できました。

伝統芸能フェスティバルでは佐賀県内の数々の伝承芸能に加え、近隣の県からも踊りの団体が参加するようです。

入り口でプログラムをいただきました。

祭りのフォトコンテストも同時開催されるようです。

いい写真が撮れれば良いですが...


メイン会場として祐徳稲荷神社境内にステージが組まれていました。

最初の演目は浅浦面浮立

午前中の飯田面浮立と母ヶ浦面浮立はかなり離れた位置から見たのですが、この浅浦面浮立は目の前で見ることができました。

a1DSC_7610.jpg 
.
a2DSC_7624.jpg 


赫熊(しゃぐま、毛や布)を振り乱しながらの力強い踊りはとにかく迫力満点でした。

a3DSC_7645.jpg 


続いて、共生保育園の園児による鹿島一声浮立

園児といえばお遊戯会のイメージしかなかったため、あまり期待せずステージから離れて見ていました。

ところが共生保育園の園児達は大人顔負けの踊りを始めました。

あわててステージ前へ移動。

いや~~、踊りがとても上手です!!

a4DSC_7666.jpg 


表情も最高!

a5DSC_7673.jpg 


続いて五ノ宮神社獅子舞です。

この獅子舞はいつも見てるものとは違い、獅子顔の丸いお面をつけていました。

a6DSC_7682.jpg 


赤獅子と青獅子それぞれに2名の踊り手が入って激しい舞を踊ります。

a7DSC_7684.jpg 


特徴のあるガラガラ声の掛け声がとても印象的でしたが、踊り手はたまらないでしょうね。

多分、明日は一日声が出ないでしょう。


この後も演目は続きましたが、朝早くからの遠征だったのでここで引き上げることにしました。


それにしても佐賀は伝統芸能の宝庫ですね!

最近は写真きっかけで色々なお祭りにも出かけていますが、これまで知らなかったことが本当に残念と思えるくらい面白い!

今月はまだまだ佐賀県内で様々な秋祭りが開催されるようです。

次のお祭りが楽しみです!


おわり
スポンサーサイト

【佐賀、長崎のお祭り】七浦秋祭りの音成面浮立に行ってみた

音成 天子神社 母ヶ浦 面浮立 佐賀 鹿島 浮立 秋祭り 祭り めんぶりゅう 鎮守神社 民俗芸能 七浦 おとなり 重要文化財


2016年9月11日(日曜日)に開催された七浦秋祭りでは、戸口神社で飯田面浮立、鎮守神社で母ヶ浦(ほうがうら)面浮立、天子神社で音成(おとなり)面浮立が奉納されました。

祭りは午前7時開始の飯田面浮立から始まり、約2時間おきに母ヶ浦面浮立、音成面浮立と続きます。

写真愛好家の方々は各神社を車で移動し、より多くの面浮立の写真を撮りに行くようです。

私も鎮守神社での母ヶ浦面浮立の後、天子神社へ向かいました。

歩きですが...


鎮守神社から車を停めている道の駅 鹿島まで約30分、さらにそこから天子神社までは10分程度かかるとのこと。


天子神社ののぼりが見えてきました。

事前に調べておいた道行きの開始時間、9時30分を少し過ぎていました。

にもかかわらず、人の気配がありません。

???

天子神社の前には数名の写真愛好家の方々がいました。

話を聞くと、道行きの開始時間は少し遅れているとのこと。

奥の方から笛や鉦の音が聞こえます。

天子神社の少し先にある広場で面浮立奉納が行われているとのこと。

さっそく行ってみることにしました。

a1DSC_7511.jpg 


音成面浮立の衣装は先ほど見てきた母ヶ浦面浮立の華やかな模様が入ったものとは異なり、濃紺一色で、黄色い帯と太鼓の紐の色がアクセントになっていました。

地元のおばちゃんに冷たい麦茶を一杯いただき、ちょっといっぷく。

a2DSC_7526.jpg 


場所を移動し、天子神社前で道行きが始まりました。

a3DSC_7545.jpg 
.
a5DSC_7555.jpg 


こちらも、稲穂が垂れ下がる田んぼの中で行われました。

a4DSC_7553.jpg 


こちらでは、大分県杵築市から写真を撮りにきていたA部さんから面浮立についていろいろと教えていただきました。

さらに道の駅まで車で送っていただきました。

その節は本当にお世話になりました。


おわり

【佐賀、長崎のお祭り】 母ヶ浦面浮立に行ってみた

母ヶ浦 面浮立 佐賀 鹿島 浮立 秋祭り 祭り めんぶりゅう 鎮守神社 民俗芸能 七浦 秋祭り 伝承芸能 フェスティバル


秋祭りの季節がやってきました。

9月、10月にはここ長崎とお隣の佐賀では様々な秋祭りが開催されます。

2016年9月11日(日曜日)、佐賀県鹿島市七浦地区の各神社では、佐賀の代表的な民俗芸能の一つである『面浮立(めんぶりゅう)』が一斉に奉納されます。

面浮立は『かけうち』と呼ばれる踊り手が赫熊(しゃぐま、毛や布)の付いた鬼の面をかぶり、腹に小太鼓をかけ、打ち鳴らしながら、笛、大太鼓、鉦の音色に合わせて踊ります。


とくに代表的な面浮立は天子神社の音成面浮立と鎮守神社の母ヶ浦面浮立

まずは母ヶ浦面浮立がある鎮守神社に向かいました。


今回、七浦地区で面浮立を見るのは初めてで、駐車場の情報も入手できなかったので車は道の駅 鹿島に停めることにしました。

道の駅 鹿島へは7時過ぎに到着。

母ヶ浦面浮立の開始時間は8時半からだったので、鎮守神社へは運動も兼ねて歩いて向かいました。


約30分ほどで鎮守神社へ。

『道行き』が行われる場所には大勢の写真愛好家のみなさんの姿が見えました。

鎮守神社前には踊り手の子供達が集まり始めていました。

a1DSC_7388.jpg 
.
a4DSC_7406.jpg 
.
a6DSC_7424.jpg 


『かねうち』と呼ばれる女性たちは、頭にきれいな花笠をかぶり、手ぬぐいで顔を覆っていました。

a3DSC_7404.jpg 
.
a2DSC_7394.jpg 
.
a8DSC_7428.jpg 


『道行き』が始まりました。

a9DSC_7464.jpg  


稲穂が垂れ下がる田園の真ん中を『かけうち』が進みます。

a10DSC_7472.jpg 


『かねうち』の踊りは、体をそらせながらの独特なものでした。

a11DSC_7476.jpg 
.
a12DSC_7483.jpg 


写真愛好家のみなさんはこんな感じです。

a13DSC_7504.jpg 


晴天のもと行われた今回の母ヶ浦面浮立。

秋の到来を感じさせるとてもすばらしいお祭りでした。


おわり

【2016夏休み旅行】 南阿蘇高原 ペンション アンジェリカ 美味し!

ペンション アンジェリカ 南阿蘇 夏休み 家族旅行 熊本 復興 復興割り 観光 食事 ステーキ フレンチ イタリアン クチコミ おすすめ


今年の夏休みの家族旅行は熊本復興券を利用して、南阿蘇へ行ってきました。

a00DSC_7194.jpg 


宿泊は南阿蘇高原ペンション村の中にある、ペンション“アンジェリカ”

食事がとにかく美味しいとのクチコミでこちらに決めました。


ディナーのスタートが18時半からだったので、少し早めにチェックインすることにしました。

a0DSC_7177.jpg 


建物は赤レンガのかわいい造り。

敷地内には広い芝生に花の庭園。

さらに雄大な阿蘇の外輪山が見渡せました。


2階にある客室は4つのベットが並べられた清潔感のある広い部屋でした。

夕食前、館内の温泉で疲れを癒しました。


食事は大きな窓がある吹き抜けの広くて明るいダイニングルームで。


この日のお客さんは我が家を合わせて5組。

最初によく冷やされた緑色の栓つきボトルが各テーブルへ置かれていきました。

中身は地下から汲み上げた湧き水とのこと。

こちらで使用される水は、料理はもちろん、各部屋の蛇口からでる水も全て地下水なんだそうです。


さっそく料理が運ばれてきました。

a1DSC_7159.jpg 


オードブルは全部美味しかったけど、特に真鯛のスモークがよかった!

付け合せひとつとっても、手間がかけられていることがすぐに分かるほどの美味さ。

a2DSC_7163.jpg 


長男は全ての料理に感動していました。

a3DSC_7164.jpg 


ここで、口直しの桃のシャーベットがでてきました。

こちらにもフレッシュな桃の果肉入りといったこだわりが。


さらに料理は続き、メインディッシュへ

a4DSC_7166.jpg 


  美味い!

正直、おなかいっぱいです。

しかし、ここから最後のデザート。

a5DSC_7167.jpg 

  !!!

こちらも全て手作り!

大満足のディナータイムでした。


客室を出るとすぐ隣が談話室になっており、こちらではフリーで飲み物がいただけました。

ティーバックの紅茶が4種類(アールグレイ、オレンジぺコなど)に珈琲、手作りラスクなども準備されていました。


翌朝、8時から朝食スタート。

ダイニングルームのセンターには阿蘇ミルク、シリアル、ヨーグルト、オレンジジュースなどが置かれており、お好みで。

a6DSC_7240.jpg 


料理が運ばれてきました。

a7DSC_7241.jpg 


なんと、パンは全て焼きたてで、とても熱い!

a8DSC_7242.jpg 


最後はデザートと珈琲。

a9DSC_7243.jpg 


もう言うことなしです。


おわり

【リアル宝探し タカラッシュ!】ヨジマルアナと宝探し in 長崎バイオパークをやってみたが...

長崎バイオパーク ヨジマルアナと宝探し KTN テレビ長崎 リアル宝探し タカラッシュ! 夏休み


先日、長女と一緒に長崎バイオパークに行ってきました。

この夏限定の“カバのまるごとスイカタイム”で、迫力ある写真が撮れればと期待しつつ開催時間に合わせて向かいました。


最初にパーク本来の観覧ルートを逆行しカバの元へ。

到着してから15分後、“カバのまるごとスイカタイム”が始まりました。

こちらではカバが3頭飼育されています。

飼育員さんがカバの口の中めがけてスイカを丸ごと投げ込みました。


  カッポ~~ン!


口の中でスイカが割れる、地味な音が聞こえました。

a1DSC_7087.jpg 


こちらとしては、スイカが口の周りにはじけ飛ぶような派手なシーンを期待していたのですが...


スイカタイムは終わり、本来のルートに戻っていると、長女がリアル宝探しがやりたいと言い出しました。

これは株式会社タカラッシュとバイオパーク、そして地元テレビ長崎のコラボ企画でした。

yujimaru.jpg 
長崎バイオパークホームページより


猛暑のこの日は普通に園を周っても酷なのに、それに加えて宝探しとは...

さらに宝探し用のマップは別途1000円が必要です。

やめようと長女に言っても聞かず、自分のお小遣いを出してまでやると言い出しました。

自分用のお土産代として1000円持ってきていたようです。

話し合いの結果、500円ずつ出し合ってマップを購入することにしました。

a2DSC_7090.jpg 


まずは数々の謎解きをやりながらパーク内を歩き回り、「幻の書」を入手します。

その後、最終目的である「ピカマル像」を探し出します。


4問目の謎解きの最中、これまでの答えが間違っていたことに気づき、1問目まで戻って解きなおしました。

その後、二人で苦労しながら何とか「ピカマル像」を探し当てました。

「ピカマル像」の発見を証明するキーワードをマップに記入して発見報告所へ向かいました。

キーワードは大正解!

そして係員さんからいただいたモノは...


  タカラッシュのカードが一枚

  それと、携帯ゲームなどの賞品数点が当たる応募用紙一枚


でした。


  え~~~~~!


1000円払って、がんばって謎を解いたのに、これが“リアル宝”なの~?

長女もガッカリした様子。


以前、平戸で宝探しイベントがあったときは、参加料500円で、カードと缶バッチを何個かもらった記憶があるのですが。

テレビ局とのコラボ企画なんで、経費がかかってんですかね~~

a3DSC_7114.jpg 


まあ、ゲームの説明もしっかりと読んでいなかったし...

残念!


おわり

【木製魔女姫人形の作り方】 夏場の木彫りは計画的に!

木彫り 木製 まれ 魔女姫 NHK 朝ドラ


2015年上半期のNHKの朝ドラ、「まれ」に出てきた魔女姫人形

a5DSC_6968-1.jpg 


当時、木製魔女姫を2体ほど作りました。


番組が終了し、約1年が経過しますが...

7月中旬、わけあって、三代目木製魔女姫人形を作ることになりました。


毎年、木彫りは1体のみ、涼しくなった10月ごろから3~4ヶ月かけて作っていますが、真夏に作業するのは今回が初めて。

なぜなら作業する部屋にエアコンが無く、扇風機は木屑が舞う為使えないのでやりたくてもできなかったのです。

さらに今年の長崎は猛暑で、夜でも気温は下がらず、作業できるのは朝方のちょっとの時間だけ。

長期戦の予感...


三代目木製魔女姫人形はこれまでのものと違い、サイズは2/3と小型に、そして色は異なるオイルステインを使って3色にする計画を立てました。


製作開始!

a2P1140916.jpg 


今年作ったグリモアと同様、各パーツが小さいので、目が詰まった硬い木材を使用しました。

なので、なかなか削れない!

a3P1140917.jpg 
.
aP1140922.jpg 


続いて塗装。

a5P1140926.jpg 


3色にしたつもりが、2色にしか区別がつきませんでした。

a6P1150006.jpg 


最後にストラップをつけて...

a6DSC_6969-1.jpg 


土日の朝方、涼しい時間を使って少しずつ作り、ついに完成しました。

a2DSC_6962-2.jpg 
.
a3DSC_6963-1.jpg 
.
a4DSC_6964-1.jpg 
.

これで木製魔女姫人形、打ち止めですよ~~!


おわり

【佐賀のトンボ】 樫原湿原へハッチョウトンボを探しに行ってみた

とんぼ トンボ 佐賀 呼子 七山村 レッドリスト レッドデータ 昆虫 ハッチョウトンボ 樫原湿原


佐賀県唐津市にある樫原湿原(かしばるしつげん)は「九州の尾瀬」とも呼ばれ、標高600メートルにある美しい湿地帯には約60種類の湿原植物が生息し、また昆虫、野鳥などの楽園となっています。

今回は長女の夏休みの自由研究も兼ねて出かけてみることにしました。


浜玉ICから七山村方面へ。

くねくねとした林道を上り続けると駐車場へ到着します。

そこから歩いて数分のところに樫原湿原があります。


長女はこの時期に湿原に咲く花々の写真を自分で撮り、私はハッチョウトンボを探します。

ハッチョウトンボは日本一小さいトンボで、佐賀県では絶滅危惧Ⅱ種に指定されています。

実物はまだ見たことがありません。


さっそくマユタテアカネのオスを発見。

a4DSC_6915.jpg 


次にサギソウを見つけました。

a1DSC_6900.jpg 


鳥のサギに似た形の白い花をつける湿原植物です。

長女が色々な花を撮っていると監視員のおじさんがやってきて、花の名前や名前の由来などを教えてくれました。

なかなか見つけることができないハッチョウトンボについて尋ねてみると、ハッチョウトンボのオスは縄張りを持っており、直径約1メートルの縄張りからは離れないとのこと。

そして監視員さんは、その日ハッチョウトンボを見かけたという場所まで私達を連れて行ってくれました。


  いました!


噂通り、とても小さいです!

シャッターを切るも、なかなかピントが合いません!

これがベストショットかな。

a5DSC_6911.jpg 


マクロレンズがあればもっときれいに撮れて、ピントも合いやすいのでしょうか?

その後、一時間ほど探索しました。

最終的に自由研究用の花は10種類ほど見つけることができました。

そして長女は監視員さんから自由研究用にと、トンボの写真を数枚いただきました。

a2DSC_6906.jpg 


帰ってから長女と一緒に花の名前を調べて、夏休みの自由研究を仕上げたいと思います。

長女が撮った花の写真、うまく撮れていれば良いのですが。


おわり

【2016年夏休み】 やっぱり平戸のビーチは素晴らしかった!

長崎 平戸 海水浴 ビーチ 砂浜 2016 根子獅 人津久


7月31日(日曜日)、平戸の無名ビーチに家族全員で行ってきました。

a5DSC_6847-1.jpg 


ここは根子獅海水浴場人津久海水浴場の間にあり、海水浴場としての整備はされていません。

でも、海の青さと透明度はバツグンで、我が家は毎年こちらで海水浴を楽しみます。

ただし、ビーチの周辺には駐車スペースがほとんど無いため、海水浴客が増える時間帯の前には到着して駐車スペースを確保しなければなりません。


当日、朝早くに自宅を出発し9時に現地へ到着しました。

すでに数台の車が停められていましたが余裕で駐車スペースを確保できました。

道路からの眺めはこちら。

a1DSC_6824-1.jpg 


  「素晴らしい!」


潮が下げ始める時間帯だったので砂浜はほとんど現れていませんがお昼ごろにはいい感じになっているでしょう。


そしてこのビーチは遠浅なので子供でも安心して遊べます。

浜辺には家族連れやカップル。

a4DSC_6839.jpg 


そして本格的なカメラを持ち込んで撮影してる若者グループもいました。


長女はイルカに乗って、長男は岩場でシュノーケリングをして楽しみました。

a3DSC_6835.jpg 


おなじみの白いカニも5匹ほど捕まえました。

日差しが強くなる前の午前中いっぱい、海水浴を楽しみました。

a2DSC_6830-1.jpg 


この夏、もう一度は訪れたいですね。


おわり

Translation

木製FWグリモア製作中!


現在木製FW GUNDAM CONVERGE グリモアを製作中です。
製作工程はこちらからどうぞ!

木製べアブリックの作り方


この木製ベアブリックの製作時間は約20時間です。
使用する工具は主にカッターナイフとリューター。
彫刻刃は刃を研ぐのが難しいため使用しません。
簡単にできる木製ベアブリックの作り方はこちらからどうぞ!

まれ人形の作り方


まれ人形の製作記事はこちらからどうぞ!

カテゴリ

ブログ内検索

最近の記事

RSSリンクの表示

LINK

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

木彫り製作に関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: