トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

五島沖 伏瀬(ふくせ)灯台にてウキ流しでマダイ、イサキを狙う

2012年6月10日、五島沖の伏瀬(ふくせ)灯台ウキ流し(船釣り)マダイ、イサキ釣りに行きました。



ウキ流しの時は、仕事でお世話になっているK村さんの知り合い(通称船長)が10人乗りのフィッシングボートを所有しており、いつもこの船にお世話になっています。


朝6時半、係留場へ到着。

船長、K村さんと僕の3人で出航。

五島沖の伏瀬(ふくせ)灯台へ向かいます。


   DSC04498_R.jpg 


ここから片道約25キロメートル、1時間程度かかるでしようか。


海のど真ん中に建てられている赤と黒のツートンカラーの大きな灯台です。


昨年の6月にはイサキを数十匹(最大1キロ)真鯛が2キロと1キロ、と好釣果でした。


ちなみに昨日、船長は一人で伏瀬灯台へ行ったらしく、2キロオーバーの真鯛を数枚、さらにヒラス、イサキと大漁だったようです。

今日も期待がもてます。


ただ、昼ごろから風が強くなるそうで、短時間勝負になるとのことでした。



左に高島が見えます。

ハナレの瀬に釣り人がのっています。

   DSC04500_R.jpg 

梅雨グロ狙いでしょうか?



さらに黒島を通過し、伏瀬灯台が見えてきました。


    DSC04510_Rn.jpg  



すでに4隻ほどの釣り船がウキ流しを始めていました。


    DSC04509_nR.jpg 


ちなみにこのウキは全長が1m程度もある巨大なウキです。


船長が海ヘオキアミを投げいれて潮の流れをみています。

潮はほとんど動いていないようです。

この時間はちょうど潮止まりでした。



さらにアンカーを入れると船は強風に押されて、潮の流とは逆の方向に押されています


コンディションは最悪のようです。



試しに船長が仕掛けを海へ投入しますが全くウキが流れず、釣りになりません




結局何もできないまま、10時半になりました。


何度かアンカーを入れ直し、やっと本命の流れがやってきました

  DSC04513.jpg  


ここは上げ潮の場合、平戸方向への流れにのせて釣るのが定石だそうです。



今日はじめてのひと流し目


ウキは平戸方向へ流れはじめました。


ゆっくりと流れていきます。


 いいぞ~~


  ウキよ、入ってくれ!




と願っていると、なんだか船が灯台からはなれているように見えました。


どうも、強風と高波でアンカーが外れて船が潮に流されているようです。



この高波ではアンカーもうまく入らず危険とのこと。

船長の判断で伏瀬灯台での釣りは中止!



―流ししかしてないのに...



別の場所へ移動することに。



   DSC04514_Rn.jpg 


伏瀬灯台を離れ、黒島の手前に来たとき、そのとんでもないアクシデントは発生しました。



うき流し記事のつづきはこちらからそうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-entry-116.html




.


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: