トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

木製スクラッチビルド ケンプファー製作日記 ~その2~


今回は板のはり合わせを検証します。



製作する部分は、脚の膝からくるぶし付近までのパーツです。


外寸は長さ50mm、奥行40mm、幅30mmです。

   1DSC04649.jpg 




ストックの角材は最大で30mmカクしかありません。


近くのホームセンターにいきましたが適したサイズが見つかりませんでした。


そこで、必要とする板幅40mmに対し、30mmの角材に別の板を接着しサイズアップしてみることにしました。

   1DSC04652.jpg 


接着後、このはり合わせ面の強度、また木を削った後のはり合わせ面の状態を検証します。



接着剤はこちらを購入しました。

   Scotch スーパー多用途 超強力

   DSC04620_R.jpg 




木の表面をきれいにして接着剤をつけます。


ヘラで均一に広げて接着

   DSC04622_R.jpg 



万力で固定
します。

   DSC04624_R.jpg 



完全に乾燥するのに、3日ほどかかるようです。






3日後

接合面からはみ出した接着剤を触るとゴム状に固まっています。

   DSC04633_R.jpg 




どうも、この接着剤はカチカチにはならないようです。



  「ボンド」とはそういうものなのか...



この状態だと、塗装時の接合面表面を磨く際にうまく仕上がらないように思われます。


また、色も透明にはならず、白のままなので、接合部が目立ってしまう恐れもあります。


せっかく新たに購入した接着剤ですが、木彫り作品の板のはり合わせ用には使えないようです。





補修用として今まで使用していた木工用の瞬間接着剤を使って、再度はり合わせを行います。

   DSC04634_R.jpg 



1時間程度でカチカチに固まりました。

   DSC04635_R.jpg 



色も透明
でこれならいけそうです!



こちらを使い、膝下パーツの製作にとりかかります。

   DSC04636_R.jpg 



ある程度、完成した写真がこちら。 (このパーツの非常に苦労した製作工程は次回。)

   1DSC04651.jpg 



板の張り合わせ部はパッと見、わかりません!



塗装はまだなので最終判断はつきませんが、この方法でいけそうです!



つづく

これまでのケンプファー関連記事はこちらからどうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-category-26.html


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: