トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

佐世保周辺の古代史跡めぐり (福井洞窟、岩下洞穴、泉福寺洞窟) ~その2~

前回の記事はこちらから。
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-entry-142.html





ネットで、福井洞窟近くにある直谷岩陰(なおやいわかげ)遺跡周辺で石器作りに使用された黒曜石(こくようせき)のかけらを見つけることができるとの情報があり、まずは吉井町の直谷岩陰へ向かいました。



直谷岩陰周辺に行けば案内看板が出てるだろうと、詳細な位置を調べずに行きました


ところが、直谷岩陰の看板をみつけることができず、結局正確な場所が分りませんでした


直谷岩陰をあきらめ、福井洞窟に向かいました。

   P1000246_R.jpg 



福井洞窟
は昭和11年に発見され、深さ6m、16層に分かれた地層から3万年を超える以前からの先史遺跡が確認されたそうです。

   P1000247_R.jpg  




こちらの場所は路肩に案内看板がでており、すぐにわかりました。

   P1000257_R.jpg 




駐車場へ入ると福井洞窟周辺は足場が組まれ、バリケードが設置されていました

   P1000260_R.jpg 




駐車場脇には発掘調査事務所
も建てられていました。


どうも現在、福井洞窟の発掘調査をやっているようです。

   P1000259_R.jpg 



ただしこの日は休みのようで、作業者は誰もいませんでした。




せっかくきたので、入れるところまで入ります。


神社裏の階段を上がると岩陰にがあり、その周囲はバリケードで囲われていました。

   P1000256_R.jpg 



そしてバリケードの奥ではミツバチの群れが出入りしていました。


奥に蜂の巣があるのでしょう。


危ないので階段下に戻りました。







長男に冗談で


  「矢じりの落ちとるかもしれんよ!」


と言って、神社周辺を探させました。

   P1000252_R.jpg 



すると、すぐに


 「黒曜石のあった~~!」 


と、黒曜石のかけらを持ってきました。

   P1000250_R.jpg 



ちなみに長男と僕は以前、佐賀の伊万里にある腰岳黒曜石を探しに行って、何個もの黒曜石を拾ってきたことがあるので黒曜石の知識はあります。

   P1000459_R.jpg 
   (これは腰岳で拾ってきた黒曜石です。)





僕も一緒に探し、結局数個のかけらを見つけることができました

   P1000255_R.jpg 



かけらを拾った位置
は、高さ的に見ると祠周辺の発掘場所から数m下がったところにあるので、石器時代の層がたまたまむき出しになっていて、石器製作時に出た黒曜石のかけらがでてきているのかもしれません。




とにかくラッキーでした!




黒曜石のかけらを持って、次の目的地、岩下洞穴に向かいました。




記事の続きはこちらからどうぞ!




関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: