トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

佐世保周辺の古代史跡めぐり (福井洞窟、岩下洞穴、泉福寺洞窟) ~その3~

前回の記事はこちらから。
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-entry-143.html




岩下洞穴県指定史跡の一つで、松瀬町の山の斜面にぽっかりと口を開けていました。

   P1000262_R.jpg  




ここは昭和38年に発見され、昭和41年までの調査の結果、縄文時代早期から古墳時代にかけての生活跡が見つかりました。

石器や狩猟具のほか、埋葬人骨27体も発見されたそうです。

   P1000264_R.jpg 





洞穴内部は立入できないように柵で仕切られおり、草ポーポー状態でした。

   P1000263_R.jpg 




周囲も静かで、洞穴の説明看板がなければ素通りしそうな感じですが、発掘調査当時はたくさんの作業員でごった返していたのでしょう。


ここでもまた長男と石器のかけら探しをしましたが、かけらの気配すらありませんでした。

   P1000266_R.jpg 




写真を数枚撮り、最後の目的地、泉福寺洞窟(せんぷくじどうくつ)へ向かいました。




市内春日小学校の下にある小道から入り、100mほど歩くと洞窟説明看板がある入り口があり、そこからさらに50mほど、山の斜面を登り、洞窟に到着しました。

   P1000275_R.jpg 



泉福寺洞窟
は1969年に地元の中学生に発見された後、1970年から1979年までの発掘調査の結果、約2万年前の旧石器時代から平安時代までの生活跡が見つかりました。

世界最古の土器とされている豆粒紋土器(とうりゅうもんどき)が発掘され、1986年には国の史跡に指定されています。

   1P1000434.jpg 




周りは木々で覆われていて薄暗く、あまりいい雰囲気とはいえません


洞窟全体は、この辺でよく見られる砂岩でできているようです。

   P1000277_R.jpg 




福井洞窟は蜂の群れでしたが、こちらはやぶ蚊が群れをなしていて何箇所も刺されました。


写真を数枚撮り、早々に撤収しました。





洞窟説明看板まで戻り、説明文を読んでいると後ろから声をかけられました。

   P1000270_R.jpg  


記事の続きはこちらからどうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-entry-147.html


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
18:Re: ここって by はっちゃん on 2012/08/22 at 21:27:40

お疲れです。
子供の夏休みの宿題なんですが、親の方が夢中になってますね!

17:ここって by ベム on 2012/08/22 at 09:49:01 (コメント編集)

うちの近所じゃないすか

結構あっちこっちさらいてますね

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: