トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【登山と花】 平戸佐志岳(さしだけ)と秋の花 ~前編~

山登りに行くと、いろいろな草花に出会います。



普段の生活の場では道端に花が咲いていてもなんとも思わないのですが、これが登山道脇に咲いている花となると見つけたときは自然と笑顔になってしまいます。

特に冬から春にかけて、枯れた山肌に花を見つけると、たとえそれが小さな花でもテンションが上がってしまいます



でも、残念なことに花に関する知識は無く、名前なんかもまったくわかりません

また、図鑑で探そうとしても簡単に特定することができません。

似たような花が多かったりするんです。

でも登山関連のブログの中には、花の名前にめちゃめちゃ詳しいものをよく見かけます。

ちょっとうらやましく感じられます。




先日、書店で九州の山に咲く花を紹介した本を見つけました。



  花をめぐる九州の山歩き


です。


P1010059.jpg 



この本には、花が多く見られる九州の山31箇所が紹介されていて、それぞれの山でそこに咲く花々を写真付きで詳しく説明されていました。

これなら花の名前が簡単に特定できそうなので購入してみることにしました。




さて、今の季節多くの花が見られる場所はどこか...



近くにありました。

平戸市南部に位置する山、佐志岳がこの時期いいようです。


P1010060.jpg 




また、この本には花の撮影方法や撮影に関するアイデアについても紹介されていました。

例えば、

  「子供の目線で撮影する」

です。



目線を低くして、花の横から撮影するというものです。

言われてみれば、たしかに僕が今までに撮った花のほとんどは花の上部からのもので、写真の仕上がりも立体感のないベタッとした感じになっていました。

横から撮れば花とその背景が写し出され立体感が出てくるそうです。


撮影のポイントもわかったことだし、こんど天気がいい日にミラーレス持って出かけてみよう!


おわり

記事の続きはこちらからどうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-entry-173.html



花をめぐる九州の山歩き花をめぐる九州の山歩き
(2012/02/13)
宮本 文雄、宮本 恵子 他

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: