トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【見直し映画館】 第三作目 優しい極悪人がいい! 「シティ・オブ・ゴッド」

今回見直した映画は...


《作品名》

『シティ・オブ・ゴッド』 (2002年)

シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組) [DVD]シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組) [DVD]
(2003/12/21)
アレッシャンドレ・ロドリゲス

商品詳細を見る


この映画はブラジル映画で、言語はポルトガル語です。

2004年のアカデミー賞において監督賞ほか4部門にノミネートされました。


《見直し前の記憶》

記憶だよりの評価は


  “最高!最高!最高!”


かなり衝撃的な映画で、当時、友人に薦めたことを憶えています。

最高の作品なんてすが、やっぱり見だのは一度きりで、内容はほぼ憶えていません。

登場人物の中にえらく悪いヤツがいて、こいつが子供のころから恐ろしいほどのワルだったということだけを記憶しています。


《ジャンル》

クライムアクション/バイオレンス/ドラマ


《あらすじ》

こちらからどうぞ...ウィキ~~!
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%89
(ネタバレあるかも。)


《キャスト》

ブスカ・ぺ: アレシヤンドレ・ホドリゲス

リトル・ゼ: レアンドロ・フィルミノ・ダ・オーラ

リトル・ダイス(リトル・ゼの幼少期): ドゥグラス・シウヴァ

カベレイラ: ジョナタン・アージンセン


《スタッフ》

監督: フェルナンド・メイレレス(代表作: ナイロビの蜂)

ナイロビの蜂 [DVD]ナイロビの蜂 [DVD]
(2006/11/10)
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ 他

商品詳細を見る


《見直してみて...》


見直し後の評価は

“最高!最高!” そしてエンドロール後に ”+最高”


映画が始まって...思い出した!

悪ガキの名前はリトル・ダイス、こいつが超ワリ~~~やつ。

ラブホテル襲撃のシーンは何とも衝撃的です。


そして、そ~~そ~~、思い出した!

こいつ、ギャングのリーダーのときに名前をリトル・ゼに変えるんです。

“リトル・ゼ”...なぜかわからんけどこの名前がカッチョエ~~!

極悪人には変わりないんですけど...



そしてリトル・ゼの相棒、カベレイラいいやつなんです。

“最後”まで、とてもいいやつ。



でもってアンジェリカが、すげ~~カワイイ!



登場人物がみんな魅力的なのでつい引き込まれてしまいます。



ストーリーは極悪非道の連続。

強盗、麻薬、ギャング団抗争に加え、実際にはこういうのはいないんでしようが、子供達だけのちびギャング団(?)の殺し合いなんかもでてきて、正直、いい気持ちになれないシーンも多いのですが、映像がスタイリッシュでテンポがいいんで、後に引きずるドロドロ感はありません。


本編が終了しました。


かなりインパクトがあるいい映画だったけど、人に薦めるほどはなかったような...


エンドロールが始まりました。


リトル・ゼの写真が...


 あっ、これだ~~!


思い出しました。


この話、実話ベースだったんです。

登場人物はもちろん、子供達のちびギャング団など、社会背景も実際にブラジルで起こったことで、当時このことに衝撃を受けたんです!



この映画を見る際は、この映画が実話をもとに作られているという事を忘れずに見てください!

私達日本人の平和ボケを身にしみて感じることになるでしょう。

もしあの土地に生まれてしまえば、うちの子供でもああなっちゃうのか...


《どうでもいい話》

映画の中でリトル・ダイスがちびギャング団にオートマチック式の拳銃をくばるシーンがでてきます。

拳銃と言えば、以前ブローバックガスガンを購入したことがありました。


No15 デザートイーグル.50AE (18歳以上ガスブローバックガン)No15 デザートイーグル.50AE (18歳以上ガスブローバックガン)
()
東京マルイ

商品詳細を見る

誰でも(男子限定で)、拳銃のかっこよさにあこがれる時期が一生に一度はあると思います。

オートマチック式の拳銃とは引金をひいて弾が発射されると、銃の上部がスライドして薬芙が飛びす仕組み(ブローバック作動機構)になっています。

ブローバックガスガンは銃に充填した圧縮ガスを利用して弾を発射させ、同時にブローバック作動するようになっています。

(薬莢は出てきません。)

この動作により、弾を発射した際の反動をリアルに体感することができます。

本物の拳銃の反動とは比べものにならないのでしょうが、子供のころよく遊んでいたバネ式の銀玉鉄砲とはリアル感が全く違います。

この“バスッ!!”とブローバックしたときの反動の感触がたまらないんですよね~~

とまあ、どうでもいい話なんてすが...


《XXXにおすすめ》

話を映画に戻して...

この作品、この作品、ただボ~~として見れる作品ではありません。

いろんな意味で衝撃を受けたい人なんかにいいんじゃないでしょうか。

キワどいシーンも多いですが、見終わってしまうと気分は意外にサッパリしています。

レンタルショップで何を借りるか悩んだ時にはぜひ借りてみてください!

できれば吹き替えじゃなくて原語で見た方がワル達の“臭い”が増しますよ!


おわり


その他の映画記事はこちらからどうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-category-29.html




関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: