トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【ひとりで登山】 意外と大変だった土器山(かわらけやま) ~前編~


2012年10月8日、土器山(佐賀県)へ山登りに行ってきました。

0 土器山 




雑誌“山と渓谷10月号”の全国かくれ名山のなかに佐賀の土器山(かわらけやま)が紹介されていました。

脊振(せふり)山地と佐賀平野の中間に位置するこの山は別名八天山と呼ばれ、古来より山岳信仰の霊山とされおり、登山口である八天神社から土器山山頂までは約一時間程度で登ることができるそうです。

今回、早起きせずに済んで簡単に登れそうな山を探していたところ、この山のことを思い出し、さっそく行ってみることにしました。




山登り当日...

東脊振インターを降りて県道21号線に入ったとき軽トラが目の前を走っていました。

地元の車だと思われますが、超低速で走っています。


  おっそいな~~


とややいらつきながらその車の後について走っていました。


すると八天神社近くの直線道路でパトカーがこちらを向いて停まっていました。

ネズミ捕りでした。


どうも軽トラのおかげて捕まらずに済んだようです。


  軽トラのおっちゃんに感謝!感謝!




そして八天神社へ到着。

駐車場は八天神社前に数台駐車できるスペースがあり、そこを使わせてもらうことにしました。

1rP1010589.jpg 


道路脇には

「屋根のない博物館 神崎」

と書かれたモニュメントがありました。

2rP1010590.jpg 
21rP1010591.jpg 



11時20分、山登り開始。

まずは鳥居をくぐって安全祈願。

3rP1010592.jpg 


神社の右側が登山口になっています。

4rP1010593.jpg 


登り始めるとすぐ、登山道は表面がザラついていてズルズルと滑りやすい岩質の道になりました。

この岩は花崗岩(かこうがん:石材としては御影石とも呼ばれ、鳥居や石橋などによく使われる)といって、結晶粒子が大きいため表面は風化しやすく、風化がすすめば非常にもろく崩れやすくなるそうです。

ズルズルと滑りやすいのは風化で生じた砂が岩の上に残っているからです。

5rrP1010642.jpg 


ここの登山道はこの花崗岩を削って造られたようですが、そこに雨水が流れ込み、さらに浸食が増して現在のような溝状の道になってしまったのでしようか。

6rP1010643.jpg 


とにかく狭くて歩きにくいこの道をひたすら進みます。


以前、ブログのなかで紹介しましたが、僕は膝痛持ちで、爪先の向きを内向きにして歩き続けると膝痛を発症してしまいます。


「故障の記録」の記事はこちらから
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-category-17.html


7rrP1010599.jpg 


そこで、あえて爪先を外に向けて歩かないといけません。

8rrP1010600.jpg 


しかし、この溝状の道はこれを困難にさせます。

9rP1010598.jpg 


滑りに気をつけ、つま先の方向に気をつけ歩きます。




と、麓の方でパトカーのサイレンが鳴り響きました。


  ウ~~~!


マイクでなにやら言っています。

どうやら先程のネズミ捕りに誰かがひっかかったようです。


  あらためて、軽トラのおっちゃんに感謝!




登りはじめからずっときつい傾斜が続き、息がきれっぱなしです。


  思ったよりきついな~~


22rP1010602.jpg 
萩の花





しばらく歩いているとお昼のサイレンが聞こえてきました。

と、その直後にパトカーのサイレン

さらに続けて寺の鐘


  ゴ~~ン!


おもわず笑ってしまいました。



そして中宮菩提寺に到着。

10rP1010604.jpg 


ボロボロになった建屋の姿を写真におさめ、頂上をめざします。


つづきはこちらからどうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-entry-190.html



関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: