トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【子供と登山】 九州のマッターホルン虚空蔵山(こくぞうさん)に挑む! ~後編~

2012年11月25日、長崎県と佐賀県の県境に位置する虚空蔵山(608m)に長男(小5)と長女(年長)を連れて登ってきました。

rrP1020205.jpg
 


前回の記事はこちらからどうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-entry-204.html



冒険コースと家族連れコースの分岐へ到着しました。

rP1020201.jpg
 


マラソンのおじさんのアドバイス通り、家族連れコースヘ進みました。


杉林の斜面を登りきると、登山道のところどころに大きな岩が現れはじめました。

家族連れコースは冒険コースより難易度は低いとはいえ、傾斜が急な大岩をよじ登ったり、ロープにつかまって登ったりと、山登り2回目の長女には結構大変そうです。

P1020180_R.jpg
 


両手両足で岩にへばりついてがんばって登っていました。

 


そしてついに頂上が見えてきました。

P1020183_R.jpg
 


頂上では登り開始時に出合った親子を含め、あと2グループの登山客がいました。

頂上の先端ではマラソン大会の関係者が無線を使ってレースの進捗を報告されていました。

ここからだとマラソンコース全体が見渡せるようです。

P1020186_R.jpg 



頂上からは青空のもと大村市街大村湾、そして大村空港も望めます。

rP1020191.jpg
 


そして最高の景色を眺めながらの昼食です。

P1020187_R.jpg
 


長女はみたらし団子3本をペロリとたいらげました。


昼食後、山頂にまつられている虚空菩薩蔵にお参りをしました。

そして祠に備え付けの登山ノートに長女がコメントを残しました。

P1020193_R.jpg 


  「やまのぼり、さいこう」




下山します。

長女には上りより、滑りやすい下りの方が大変たったようですが、特にわがままも言わず下りきることができました。

P1020200_R.jpg
 


帰り道、水汲み場で虚空蔵山の湧き水を汲み取った後、長女が1番楽しみにしていた温泉に立ち寄ることにしました。

P1020203_R.jpg 


いつも長男との山登りからうちに帰ると、帰り道に温泉に立ち寄った話をしていたのですが、どうもそれがうらやましくてたまらなかったようです。

木場登山口から車で15分、川棚大崎温泉 「しおさいの湯」に到着しました。

rP1020206.jpg 


温泉でワイワイ騒いだ後、休憩所で一休み。

子供たちはDS。

私はひと眠り。


そして帰宅の途につきました。


3人ともケガも無く、とても充実した一日が過ごせました!


おわり
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
36:Re: 度々 by はっちゃん on 2012/12/11 at 17:45:15

虚空蔵山は本家のマッターホルンとは比べ物になりませんが、たとえ低山であっても山登りっていいもんですよネ!

33:度々 by オニオン/ on 2012/12/09 at 23:34:04

はっちゃんさん、度々お邪魔します。

虚空蔵山は、本当にマッターホルンっぽい形ですね。
展望も良さそうですし、人気のある山なんですねぇ~

しかし、フィギアを作ったり、山へ行ったり頑張りますね(*´・∀・)d
応援しています!

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: