トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【ゾッとする話】 国家ぐるみの“逆探知陰謀説” ~後編~



警察への間違い電話
を切った直後、目の前の電話のベルが鳴り出しました。

  リ~~~~~~~~~~~ン!


前回の記事はこちらからどうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

そしてベルはいっこうに鳴り止みません!


二人はとてつもない恐怖を感じ、もうこの場にはいられないと慌てて家から脱出しました。



その後、二人でなにをしたかは憶えていません。

暗くなって一人で家に帰ると、いきなり母親が出てきて、


  「あんた今日、いたずら電話ばしたやろ!」


警察から両親の商売先に昼の一件についての電話があったようでした。

僕は母親に必死にあやまりまくって、なんとか許してもらいました。



ところで、決して忘れられないこの事件、中学ころからある疑問がわいてきました。

当時、刑事ドラマなどでよく目にするシーン。


人質をとった犯人からかかってくる電話(もちろん黒電)の逆探知です。


刑事は人質の家族に犯人からかかってくる電話を、やたら引き伸ばすように指示します。

ほとんどの場合、通話時間が短く、逆探知に失敗してしまいます。


これに対し、僕たちが警察にかけた電話は時間にしてほんの数秒

でも警察からの電話は、きった直後にかかってきました。

それもベルの鳴らし方まで変えた凝った方法で...


  ど~ゆ~こと~~?




そうです。

だいたい、通話時間が短い為に電話のつながり先が特定できないことなどありえないのです!

それでは、電話会社はどうやって電話代を請求するの?

これは、まさに国によってしくまれた陰謀!


刑事ドラマを通じて逆探知は難しいということを国民の脳に刷り込んでいたのです!!

そして当時のリアル犯罪者たちはかけた電話が簡単に逆探知されているとは知らず、ぬけぬけと被害者宅に電話をかけてくるんです!


これについて今でも僕は国家ぐるみの陰謀だったと疑っているんですが...いかがでしょうか?


  この自論、間違っとるかね~~~?


そして家にかかってきたベル音とN見君が叫んだ

  「じ~ちゃん、じ~ちゃん!」

は今でも脳裏に焼きついていて忘れられません。




おわり

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
34:Re: タイトルなし by はっちゃん on 2012/12/10 at 21:23:02

ねこやすみさんも同じような経験をされているとは本当に驚きです!
意外と誰でも幼いころに経験したりしていて...
コメントありがとうございました。

31: by ねこやすみ on 2012/12/09 at 22:43:48

こんばんは

私も昔の経験を思い出しました・・・

あれは確か小学生だった頃・・・かな・・・?
弟が警察に電話をしているのを発見!!
何でも学校で傘をなくしたとのこと・・・
すぐさま私は電話を切りました!!
時間にして30秒ないくらいかな・・・?
すぐにかかってきましたよ!!警察から!!
しょうがない・・・謝りましたよ!!
でもおまわりさんは怒らず、先生に相談しようねって言ってくれました

テレビドラマで逆探知を知り、私の家の電話もそうだったんだと理解しましたが、時間的には短かかったので、よくばれたなあと思っていましたよ

勿論親には言っていません(笑)

でもばれてた!!
不思議〜〜

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: