トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【登山と花】 多良岳山頂のマンサク観賞 ~前編~

2013年3月15日、多良岳マンサクの花観賞に行ってきました。

r00P1030115.jpg
 


3月に入るとマンサクの木には黄色いリボン状の花が咲き、春の訪れを知らせてくれます。

花の名前の由来は一説によると、春になり他の花に先立ち「まず咲く」から「マンサク」となったそうです。

多良岳のマンサクは登山ガイド本「長崎の山」で知って以来、いつか春に登って見てみたいなと思っていたのですが、この時期は例年風邪や花粉症で体調が不安定なのでなかなか実行できていませんでした。

しかし今年は花粉症にもさほど悩まされることなく今回の山登りができました。


多良岳は長崎と佐賀の県境にあり、登山ルートも豊富なため地元では人気の山となっています。

今回のルートは黒木登山口から西野越、金泉寺を通り多良岳までのピストンにしました。

今年1月に佐世保にある国見山(過去記事クリック)に登って以来、約2ヶ月ぶりの山登りとなるので、無理をせず気楽に登りたいと思います。

そして今回の目的は何と言ってもマンサクの花観賞

往復で約3時間程度の山行となります。

r0tara3.jpg 


当日、9時にゲートがある登山口に近い駐車場へ到着しました。

ところが駐車場は満車で停められません。

r1P1030093.jpg
 


みなさんマンサクの花目当てなんでしよう。

仕方なく黒木バス停近くの公営駐車場へ戻りそこから出発することにしました。

r2P1030091.jpg
 


ここからだと40分ちかく舗装された林道を歩くことになりますが、まあ、仕方ないか...

r3P1030092.jpg
 


ここから右に曲がると五家原岳へ。

多良岳へはまっすぐです。


そして八丁谷に到着しました。

r4P1030094.jpg
 


ここからやっと山登りらしい道が始まります。

まぶしい朝日を正面に受けながら登っていきました。

r5P1030095.jpg
 


傾斜が厳しく足元が悪いガレ場がしばらく続きます。

r6P1030145.jpg
 


ガレ場を抜けるとオオキツネノカミソリの群生地が現れます。

r7P1030142.jpg
 


夏のオオキツネノカミソリ観賞は佐賀県と福岡県の県境に位置する井原山(過去記事クリック)に登るので、多良岳のオオキツネノカミソリは見たことかありません。

でも、こちらも広範囲にわたって群生しているようですのでその時期にはとてもきれいな光景が見れるのでしよう。

今度来てみようかな。


さあ、もうひと登りで西野越に到着します。


つづく




記事の続きはこちらからどうぞ!

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: