トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

普賢岳霧氷登山 2012 ~真っ白な桜に感動! 普賢岳へ説教登山?~

1月7日に長男(小4)と普賢岳登山に行きました。


前日
この時期、天候条件に恵まれれば普賢岳で霧氷が見られます。ネットで霧氷の状況を調べると、6日の朝はいい感じで霧氷がでていたようです。

確か普賢岳の霧氷の条件としては、

夜間から明け方にかけて湿度が高い(100%ちかく)
気温が低い
北西の風が強い

だったと思います。

しかし、6日の午後から気温が上がり始め、天気予報では登山当日の朝の気温はやや高めで、さらに南西の風が吹くとのことで、あまり条件は良くないようです。

どおしようかね~...家におっても暇やし...とりあえず行ってみよかね~


当日
長男と早朝6時30分に自宅を出発しました。
自宅は佐世保です。
普賢岳まで片道2時間ちょっとかかります。

諫早を過ぎて有明海を左手に見るように進み、広域農道?に入ると右手に雲仙岳全体が見えてきます。
山の上の方が白く見えます。


霧氷、出てそうやね~

登山登り口である代吹越駐車場に9時ごろ到着しました。ほかの車は1台もいません。
ここから見上げる限り、霧氷の白さはありません。

マ ジ カ...

登り始めてすぐ。
長男の様子がおかしい。
まったくしゃべらないし、10数メートル後からノロノロついてくるような様子。

”体調、悪かとね?”

”いいや...”


あんまり乗り気じゃなさそ~やね~
この冬休み中で山登り3回目やし...あきたかな~?


数年前、地元の国見山(長崎と佐賀の県境にある)に一緒に登ったときもこんなことがありました。
そのときは登山を中断して説教!ひと泣きして登山を再開しました。

今回も同じっぽい。
不満があるなら自分の気持ちは自分から僕に伝えてくれれば、なんらかの解決策は見つかるもの。
今年は小5。なんでも親の方からフォローしていくわけにはいかんね。

そのまま無言のまま30分ほど歩くと後のほうで鼻をすするような音が聞こえてくる。

泣きよるごたっね...

ここで前回同様、説教開始。
何か不満や問題があるときは、どうしたら解決できるかを考え、自分から行動していきなさい的なちょっと偉そうなことを話し、ひと泣きして登山を再開。

その後、とりあえず昨日のテレビの話なんかをしながら登り続け、さらに30分後には通常モードになっていました。

NOBORI.jpg


妙見岳と国見岳への分岐地点に到着しました。
雪は若干残っているものの、霧氷は全くありません。

最悪!

一人で登るときは、ここから国見岳を経由して普賢岳に向かいますが、今日は長男がいるので、先に普賢岳に向かいます。

普賢岳が見えてくると、山頂付近はまばらに白くなっています。

GUGEN.jpg


霧氷でてそう...

もみじ茶屋に到着すると若干地面が凍結していたので、安全のためにアイゼンをはきました。


頂上付近になるとぼちぼち霧氷があらわれ始めました。
普賢神社?の祠まであがると景色は一変。真っ白な霧氷が満開です!

そこで先に上がっていた年配夫婦のかたが

”ここからの景色は、白い桜か梅が咲いてるようで本当にきれいよ!”

と話しかけてこられました。

のぞいこむと、まさに白い桜。

SAKURA.jpg


いいねえ~


その後、頂上まで登り、さらに長男の体力にも余裕があったため
(といっても、僕より長男のほうが体力はあるんですが...すでに子供の体力には勝てません)、
国見岳を経由して下山しました。


帰路の途中でサンスパ大村に寄りました。
ここの温泉は初めてだったんですが湯が非常にしょっぱく、どうも潮湯のようです。
お客さんがめちゃめちゃ多くてあまりのんびりできませんでした。
よって、ポイントちゃっと低かったです。


長男に今日のナンバー1は何だった?と聞くと

”あのおばちゃんたちの言いよらした眺めが一番やった!!”

ちなみに翌日、お尻のかぶれが良くなっていました。潮湯効果?

おわり


その他の登山記事はこちらからどうぞ!
mumeijinbutu.blog.fc2.com/blog-category-5.html
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: