トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【家族で社会科見学】佐賀県 玄海エネルギーパークへ行ってきました!~その弐~

2013年6月22日、家族で佐賀県唐津市へ見返りの滝あじさいまつりを見に行った後、玄海エネルギーパークへ立ち寄りました。

前回の記事はこちらからどうぞ!


原子力訓練センターツアーは女性スタッフの方に案内していただきました。

サイエンス館を一旦出るとすぐその隣に原子力訓練センターがありました。

r13P1040895.jpg
 
.
r14P1040896.jpg 


九州電力玄海原子力発電所
の従業員はこちらで定期的に発電所を運用する為の訓練を受けるそうです。


こちらは運転訓練用のシュミレーター室です。

r15P1040898.jpg
 


平日であれば実際にこちらで訓練されている様子が見れるそうです。

r16P1040900.jpg
 


またこちらの建物の中には原子炉容器の補修訓練を行う施設もあるそうです。



原子力訓練センターツアーはこれで終了。

サイエンス館へ戻り、先ほどの続きを回りました。

3階への螺旋状通路を上っていきます。


“燃料集合体”のサンプルが展示されていました。

r17P1040913.jpg
 
.
r18P1040922.jpg 


ウラン燃料をペレットという小指の先ほどの大きさに焼き固めたものが燃料棒一本につき約310個(玄海1,2号機)封入され、さらにこの燃料棒264本(玄海1,2号機)を束ねたものがこの燃料集合体なんだそうです。

原子炉にはこの燃料集合体121体(玄海1,2号機)装填されているそうです。

r191P1040957.jpg
 


ちなみにこのペレット1個で一般家庭が一年間に消費する電力を作り出すそうです。


また、このペレット1個の中に発ガン致死量5万人分に相当する放射能が閉じ込められているそうです。


  ちょっと怖いな~~



ニュースでよく耳にしていた“制御棒”(原子炉の運転を停止させるもの)の展示もありました。

r19P1040917.jpg
 


プルサーマル
について説明しているパネルがありました。

r20P1040924.jpg
 


プルサーマルといえば先週ニュースで話題になっていた、フランスから持ち込まれたMOX燃料を使用するシステムのことで、ここ玄海原子力発電所で採用されています。

r21P1040924.jpg
 


MOX燃料
とは使用済みのウラン燃料を廃棄せず、再利用できるように処理したもので、放射性廃棄物の量を大幅に減らすことができるそうです。


それでは3階へ向かいます。



つづく
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: