トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【たこ釣り】コツはたこ釣りに集中しないこと?

2012年7月20日、佐世保へたこ釣りに行ってきました。

r0DSC05002.jpg
 



日曜の朝、本日のイベントを考えました。

外は快晴、潮は大潮...



  となれば釣りしかないでしょ!



夏の釣りといえば、キス釣りアジゴ釣りマゴチ釣り

そしてタコ釣りです。



初めてタコ釣りに行ったのは2年前。

仕掛けを買いそろえて近場の波止から遠くは西海町まで何度も足を運びましたが結局一度のアタリさえ感じることなく、ただ何個ものタコジグを失い、釣果ゼロに終わるという悲惨な結果でした。

それ以来、たこ釣りには行っていません。



部屋を探してみると生き残りのタコジグが2個見つかりました。

r01DSC05008.jpg
 


たこの釣り方を復習すべく、ネット検索。

波止からのたこ釣り動画がありました。

それによると、たこ釣りのコツ

  “タコジグをコツコツと小刻みに震わせながらゆっくり移動するだけ”

でした。

そして、

  “移動の際は海底の状態や移動の速度など細かなことは考えず、釣りとは全く関係の無い今日の晩飯のことなどを考えながら釣る

でした。



  ふ~~ん。




さっそく道具を持って、以前釣り仲間のF田氏がタコを釣り上げたことがある波止へ向かいました。
 
朝10時、潮は下げ5分程度、波止の内側でおじちゃんがアジゴ釣りをしていました。

r2DSC04999.jpg
 


おじちゃんは


  「まだまだアジのちっちゃかね~~(アジのサイズが小さいね)」


と言いながら5cmほどのアジゴをめちゃくちゃ釣り上げていました。




仕掛けを作り、波止のコーナーの外側から探っていくことにしました。

r4DSC05001.jpg 
タコジグを沈めます。

水深は結構深く、12~3mほどありました。

タコジグをコツコツと小刻みに震わせながらゆっくりと移動します。

r5DSC05003.jpg
 


海底は砂地なのかひっかかるものはほとんどありません。

最初はコツコツの度にタコジグがちゃんと着底しているか確認していましたが、慣れてくると余計なこと(たこ釣りに関する)は考えないようにしました。

例のたこ釣りのコツ“今日の晩飯のことなどを考えながら釣る”に徹します。



何度か海底にタコジグがひっかっかりました。

数メートル戻って引っ張り上げるとタコジグは簡単に外れます。



そうこうしながら20分が経過したころ、突然ずっしりとした重みを感じました。


  明らかに何かが掛かっています。

  それもかなり重い!


タックルはヒラメ船釣り用の竿とリールだったのでなんとかゴリゴリ巻き上げることができました。

そして水面にこげ茶色のでっかい物体が浮き上がってきました。

ザバ~~ッ


  たこで~~す!


海面から強引に抜き上げました。

r10DSC04995.jpg
 


  やった~!初たこゲット~~!


それも結構いいサイズのたこでした。

ちなみにあとで重さを量ってみるとちょうど1キロありました。

r11DSC05010.jpg
 


その後、もう一度同じポイントを探り歩きましたがアタリが無かったためここで納竿。

実釣時間は約1時間。

釣果は本命たこ1匹でしたが大満足!


  ずっしりとしたあの感触、たまらんね~~!


例のたこ釣りのコツに、


  感謝!


追記
夕方、たこ焼きを作りました。
記事はこちらからどうぞ!


おわり
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: