トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【映画レビュー】 噛めば噛むほど...「そして父になる」



第66回カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作品 
「そして父になる」を観てきました。

sosite1.jpg
映画「そして父になる」 ホームページより


※ややネタバレ注意!


平日にしてはお客さんが結構入っていました。

土地柄なのか、おじいちゃん、おばあちゃんが多かったです。


ストーリーは...


  ある日、病院から連絡が入る。

  自分達の子供が、実は出生時に取り違えられていた他人の子供だった...

sosite2.jpg
映画「そして父になる」 ホームページより


噛めば噛むほど味が出る。

深くて良い映画だと思います。

号泣は無かったですが何度も目頭が熱くなりました。


今年の夏以降に観た映画の中(スタートレック、パシフィックリム)ではNo. 1でした。

(ジャンルはまったく違いますが...)


sosite3.jpg
映画「そして父になる」 ホームページより


貧乏でもにぎやかな家庭と、裕福だけど面白みがない家庭

どちらが幸せなんでしょうか?

sosite4.jpg
映画「そして父になる」 ホームページより


前者はリリー・フランキーと真木よう子演じる斎木家、後者は福山雅治と尾野真千子演じる野々宮家なんですが。


もし自分がこの映画の子供達の立場だったら...


  おそらく貧乏でもにぎやかな家庭の方が好きになるでしょう。

慶多(福山雅治の息子)や流晴(リリー・フランキーの息子)と同じように。

sosite5.jpg
映画「そして父になる」 ホームページより


  でも、大人になったとき、裕福な家庭に生まれたほうがよかったなと思うかもしれません。

特に今の日本で生活するのであれば。



皮肉な話です。



おわり
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: