トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【家庭菜園】 プランターの自動水やり器を自作してみた!



プランターの自動水やり器
を自作してみました。

a0P1050701.jpg



7月からプランター野菜を育てています。

時なし5寸ニンジン万能葉ネギ


種まきから約1ヶ月が過ぎました。

どちらも順調に育っています。

ここにきてちょっとした問題が発生しました。

8月末に二泊三日の家族旅行を計画しているのですが、この間、苗への水やりをどうするのか。

特に今年の夏は異常に暑く、8月中旬は連日気温35度超えです。

一日でも水やりを怠るとすぐに土が干からびてしまいます。


ネットで検索すると、「自動水やり器」なるものを発見。

ホームセンターで売られているらしい。

旅行前日、市内のホームセンターを回ってみましたが、「自動水やり器」を見つけることができませんでした。

ネットで紹介されていた自作の自動水やり器を思い出し、自分で作ってみることにしました。


基本構造は毛細管現象を利用し、水タンクから繊維を伝ってプランターへ少しずつ水を移すというもの。


直径1センチ程度の綿のロープアルミホイルを購入しました。

a1P1050690.jpg


アルミホイルロープの周囲に巻き、また土の表面を覆って水の蒸発を防ぎます。

家へ帰るとさっそく自動水やり器の製作にとりかかりました。


ロープを適度な長さに切断し、水に浸します。

a2P1050694.jpg


タンクは発泡スチロール箱の上に置き、プランターより一段高くしました。

水を張ったタンクからプランターにロープを渡します。

a3P1050695.jpg


土の表面をアルミホイルで覆って、

a4P1050696.jpg


アルミホイル
ロープに巻き付けます。

a5P1050697.jpg


プランター2台に取り付けました。


  こんな感じです!

a6P1050698.jpg



翌朝までの減り具合をチェックするためビニールテープを水面に合わせ貼り付け、時間を書き込みました。

a7P1050702.jpg


翌朝(旅行当日)、ほとんど水は減っていませんでした。

これから数日間は雨の予報。

どのくらい水が減るものなのかちょっと楽しみにして旅行へ出発しました。




そして三日後の夜、旅行から帰ってきました。


  タンクの水はどんな感じか...

  なんと、ほとんど減っていませんでした。

a8P1060274.jpg


でも土の表面は乾いていません。

a9P1060275.jpg


おそらく旅行中の天気は最終日以外は雨か曇りだったので、あまり水を必要としなかったのでしょう。

今回は自動水やり器は必要なかったようですが、苗が枯れることも無く結果オーライで良しとしましょう。



おわり











関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: