トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【春の風物詩】 相浦愛宕祭りと佐々川のシロウオ漁 ~その弐~

【春の風物詩】相浦愛宕祭りと佐々川のシロウオ漁 ~その弐~


2014年2月23日、県北部の佐々川流域で行われているシロウオ漁佐世保市相浦町で開催されている相浦愛宕祭りを覘きに行ってきました


前回の記事はこちらからどうぞ!



相浦愛宕祭り(あいのうらあたごまつり)は、毎年2月24日から26日の3日間で行われ、400年以上も前から続いている地元ではおなじみの行事です。

この期間中、愛宕山山頂の祠では愛宕勝軍地蔵菩薩がご開帳されます。

こちらの愛宕勝軍地蔵菩薩京都の愛宕神社の分霊としてこちらに移されたもので、白馬に乗ったよろい姿の珍しいお地蔵様です。 

a1DSC01439.jpg
 


戦国時代、これに念ずれば戦に勝ち、飢饉を免れるといわれていたそうです。

現在では多くの人々が無病息災を祈願するために愛宕山山頂までの参拝登山を行います。


同時に愛宕山のふもとの商店街では相浦愛宕市が開催され、植木、陶磁器、鍛冶などの店が建ちならび、大勢の人で賑わいます。

ちなみに我が家では、この相浦愛宕市には毎年来ています。

そして必ず花粉が猛烈に飛散する日とかさなるため、重度の花粉症の私は完全防備で出かけています。



こちらが愛宕山です。

z1P1080895.jpg
 


標高259メートルの小さな山ですが、さすが相浦富士と呼ばれるだけのすばらしい山容です。



愛宕市はこの日も大勢の人達で賑わっていました。

z2P1080901.jpg
 


焼き鳥、たこ焼き、チョコバナナといったおなじみの露店から、竹細工や農具を販売するお店もあります。


z3P1080900.jpg
 
.
z4P1080898.jpg 


例年この露店をまわって帰るのですが、今年は長男と二人、愛宕山に登ってみることにしました。


愛宕山にはこれまで何度も登っていますが、愛宕祭りの日に登るのは今回が初めてです。

z6P1080906.jpg
 


登山口に登山用の杖が用意されていました。

z5P1080923.jpg
 


こちらの登山道は、登山口から山頂まで木組みの階段が続きます。

z7P1080909.jpg
 


平日であれば登山道をすれ違う人はほとんどいないのですが、さすがにこの日は小さなお子さんからご年配の方まで大勢の人達とすれ違いました。

z8P1080910.jpg
  
.
z9P1080911.jpg 


山頂まで約20分程度の登りなんですが、ひたすら続く階段にどっと汗が噴き出します。

上着を2枚脱ぎました。


こちらはかんかん石。

z11P1080914.jpg
 


愛宕山唯一の名所(?)でしょうか。

z10P1080912.jpg
 


長男も年の数だけたたきました。


  そして頂上へ到着!

z12P1080916.jpg
 


まずは愛宕勝軍地蔵菩薩にお参りをしました。

z12P1080917.jpg
 


こちらからは正面に相浦の田園風景、そして右奥を見渡せば九十九島の島々が見えます。

z13P1080921.jpg
 
.
a2DSC01436.jpg 


汗も引いてきたところで下山します。

下りは、下山時にすれ違う人の数を長男とそれぞれで数えることにしました。

下り始め、上り時に比べすれ違う人数は少なく感じました。

後半、人の数は増え始め、ちょっと気を緩めるとカウント数が分からなくなりました。

長男も同様に悩んでいました。


  登山口へ到着!


結果は、私は119人、長男が123人でした。

4人の差はありましたが、約120人とすれ違ったようです。

上り時はもっと多かったような気がするので、私たちが愛宕山を上り下りしたこの時間だけでも約250人程度の人達が参拝登山を行ったんじゃないでしょうか。


  愛宕神社の神様も、この日ばかりは大忙しですね!


おわり
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: