トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

思い出事件簿 ~青年時代~ 「おそろしいほどの確率」

これは、僕が高校3年生のときの出来事です。


その日はカンカン照りで、異常に暑い一目でした。

原付バイクで学校から自宅へ帰ってきました。

バイクで走ってきたにも関わらず、全身汗まみれ。

ヘルメットの中も汗でムレムレ状態でした。

一旦、ヘルメットを脱いで、家へ入りました。

が、近所の幼なじみであるM田ブーに借りていたゲームソフトを返さないといけないことを思い出し、
ゲームソフトを持ってすぐに玄関をでました。


M田ブーの家までは、子供のころから自宅と公園の間のガケ沿いのちょっと危険な細い隙間を通り抜け、
ガケを下ってM田ブーの家に行っていました。

これだと、歩いて1分かかりません

まともなルートだと公道を使って家の前の公園を回りこんでいく必要があり、 3分ほど歩かなければなりません。

そのときは、あまりに汗ダクだったので、公道をバイクで涼みながら行こうと考えました。

ヘルメットの中はムレムレだったのでノーヘルでした。

顔面に涼しい風を受けながら、公園をまわりこんだ時でした。



前のバイク止まって~~~


エッ!!!!

ドッキ~~~ 

 
なんと、それはこの辺りで目撃するのは非常に珍しいパトカーでした。


は~い ノーベルだめですよ~


パトカーを降りた警官はこちらが言い訳する暇も与えず、シャシャッと違反切符 を取り出し、
カリカリッと所定の項目を書き終えると、僕の指紋を取って、ティッシュと切符を渡して去っていきました。


ウソやろ~


それまでにM田ブーの家までわざわざバイクで行ったことはなく、 公道をノーベルで走るなんてことも初。

ここは、高台にある住宅地で、パトカーは年に数回見かける程度。

走った時間は1分程度。


あ・り・え・な・い!!


確率でいえば警察につかまるなんて、ニアリーゼロパーセントなのに‥

神様のしわざとしか思えない出来事。。。

この世界、悪いことはできないと悟りました。


おわり
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
86:Re: タイトルなし by はっちゃん on 2015/03/18 at 18:15:54

コナンさん、コメントありがとうございます。
あだ名はもちろん彼の体型が由来なんですが。
当時M田ブーは悪ぶっていましたが、本当はいいやつなんですよ。
...でも、まさか...

85: by コナン on 2015/03/18 at 13:37:14

M田ブーが通報したんだと思います
動機はあだ名にムカついていたからです

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: