トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【佐賀、長崎のお祭り】 母ヶ浦面浮立に行ってみた

母ヶ浦 面浮立 佐賀 鹿島 浮立 秋祭り 祭り めんぶりゅう 鎮守神社 民俗芸能 七浦 秋祭り 伝承芸能 フェスティバル


秋祭りの季節がやってきました。

9月、10月にはここ長崎とお隣の佐賀では様々な秋祭りが開催されます。

2016年9月11日(日曜日)、佐賀県鹿島市七浦地区の各神社では、佐賀の代表的な民俗芸能の一つである『面浮立(めんぶりゅう)』が一斉に奉納されます。

面浮立は『かけうち』と呼ばれる踊り手が赫熊(しゃぐま、毛や布)の付いた鬼の面をかぶり、腹に小太鼓をかけ、打ち鳴らしながら、笛、大太鼓、鉦の音色に合わせて踊ります。


とくに代表的な面浮立は天子神社の音成面浮立と鎮守神社の母ヶ浦面浮立

まずは母ヶ浦面浮立がある鎮守神社に向かいました。


今回、七浦地区で面浮立を見るのは初めてで、駐車場の情報も入手できなかったので車は道の駅 鹿島に停めることにしました。

道の駅 鹿島へは7時過ぎに到着。

母ヶ浦面浮立の開始時間は8時半からだったので、鎮守神社へは運動も兼ねて歩いて向かいました。


約30分ほどで鎮守神社へ。

『道行き』が行われる場所には大勢の写真愛好家のみなさんの姿が見えました。

鎮守神社前には踊り手の子供達が集まり始めていました。

a1DSC_7388.jpg 
.
a4DSC_7406.jpg 
.
a6DSC_7424.jpg 


『かねうち』と呼ばれる女性たちは、頭にきれいな花笠をかぶり、手ぬぐいで顔を覆っていました。

a3DSC_7404.jpg 
.
a2DSC_7394.jpg 
.
a8DSC_7428.jpg 


『道行き』が始まりました。

a9DSC_7464.jpg  


稲穂が垂れ下がる田園の真ん中を『かけうち』が進みます。

a10DSC_7472.jpg 


『かねうち』の踊りは、体をそらせながらの独特なものでした。

a11DSC_7476.jpg 
.
a12DSC_7483.jpg 


写真愛好家のみなさんはこんな感じです。

a13DSC_7504.jpg 


晴天のもと行われた今回の母ヶ浦面浮立。

秋の到来を感じさせるとてもすばらしいお祭りでした。


おわり
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Translation

最近の記事

プロフィール

はっちゃん

Author:はっちゃん
長崎県佐世保市在住
男性

マイブームは「山登り」->「木彫り」-> 今は「写真」です。
「釣り」は相変わらず...

RSSリンクの表示

アクセスカウンター

お知らせ

このブログではアフェリエイトプログラムを利用しております。管理人おすすめの商品をいろいろと紹介しておりますが、実際の商品のご購人に関しましては、お客様とリンク先のホームページ管理人とのお取引となります。お引取りにあたりまして、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。ご購入前、ご購入後の価格、諸費用、在庫状況、配送確認、不良品などについてのお問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

このブログに関する問い合わせはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文: